越谷市春季記録会を振り返る

大宮高校の十ウン学年下の後輩と一緒に走った400mHは、
8台目を跳ぶことが出来ず途中棄権。
200mは26秒68という想像だにしない、昔の400mの記録を2で割ったタイムよりも遥かに悪いタイムを叩き出してしまった。

市民ランナーならぬ市民スプリンター&ジャンパーとして余り記録にはこだわらずやっているつもりなんで、
この結果にショックを受けて走るのをやめるとかそういうことはないけれど、
やる以上は速く走りたい、やっぱり。


2年前、100mで12秒18を記録したことがあり、今もその程度で走れると仮定するならば、
今回の200mのタイムは明らかに悪い。

この冬はダイエットを兼ねて600m~1000mのインターバル走を中心に取り組んだものの(1000mは条件次第では3分5秒くらいで走れそう)、
震災以降に移行期のトレーニングが余り出来なかったことを勘案すると、
まあ、こんなもんなのかもしれない。
いや、それでも26秒68はないな。


とりあえず、しばらく最大スピードを重視したトレーニングをして、
次の競技会は100mに出る。
その次は200mにもう一回挑戦する。
この過程で自身の課題があぶり出されるだろうから、
それを克服して、
秋にはもうちょいましな走りをしたい。
いや、同年代の一般人に比べて暇な身分とはいえ、練習に費やせる時間は限られているんで、どこまで出来るか分からんけど。


オマケ
後輩のS井君は女子中高一貫校の教員らしく、
出発係として女子200、800mに出る女の子(と女子大生と大卒銀行員スプリンター)を器用にさばいていました。
学校ではあまり指導に係わることはなく、
会計やら雑務ばかりやっているそうですが、
早大同好会で試行錯誤しながら、100mで10秒台までホントにあとちょっとに迫った実績を指導に生かさないのは、
いささかもったいない気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック